開催趣旨

海フェスタは、「海の恩恵に感謝し、海洋国日本の繁栄を願う日」という「海の日」本来の意義を再認識し、海に対する関心を持つことを目的として、毎年、海にゆかりのある自治体で開催されています。 平成28年の海フェスタ東三河は、愛知県三河港周辺の東三河8市町村で開催するもので、海・川・港の魅力や重要性を次の世代へ繋げ、多彩で豊かな地域資源の魅力を全国に発信することを基本コンセプトとして、三河港の活性化、東三河地域全体の発展に繋げることを目的として実施します。

お知らせ

イベントの変更・中止などの最新情報についてお知らせします。

詳しくはこちらから

開催情報

開催日

平成28年7月16日(土)~平成28年7月31日(日)16日間

開催場所

豊橋市、豊川市、蒲郡市、新城市、田原市、設楽町、東栄町、豊根村

主な催事

各種式典開会式、記念式典・祝賀会、閉会式
海の総合展海事関係団体の紹介や擬似体験、絵画コンクールの入賞作品展示など
船舶寄港海上自衛隊や海上保安庁が保有する船舶や大型帆船の一般公開など
賑わいイベントステージ&グルメイベント、体験乗船、参加体験イベント、見るイベントなど

主催

海フェスタ東三河実行委員会

開催実績

昭和61年の第1回は、福岡県北九州市で「海の祭典」としてスタートし、平成15年から「海の日」が国民の祝日として、3連休化されたことを契機に、名称も「海フェスタ」と変わりました。 平成28年の海フェスタ東三河は、第13回目となります。

【開催地】(過去3ヵ年の実績)

平成25年秋田県 男鹿市、秋田市、潟上市、三種町、大潟村
平成26年京都府 舞鶴市、福知山市、綾部市、宮津市、京丹後市、伊根町、与謝野町
平成27年熊本県 熊本市、天草市、玉名市、宇城市、荒尾市、宇土市、上天草市、長洲町

協賛企業